品質の取り組み
石田プラスチック株式会社はISO9001をはじめとし、100ページを超す独自のテキストによる社員教育(本ホームページに一部掲載しております)や下記のような取り組み等を行い品質の向上 維持に努めております。

1. 変化点管理
不良の流出の主たる原因は、変化があった時の対応が不適切であった場合と考え それが適切に処理されるよう図1ように一覧化し管理しております。

@変化点の定義
A変化点が生じた際どのように処置記録するかの一覧表
B本日の変化点
C連絡事項
D人 設備 方法 原料の日々の巡回チェック表
EDの結果


図1 変化点

2. 経過管理
成形品1つ1つにファイルを設け そこに いつ どのように成形したか また品質がどうだったか数日分 記録できるようにし 時系列でどのように変化しているか容易に分かるようにしております。



図2 日誌置場

3. 工程管理
日々の生産数 不良率を一覧表にし、ワースト3をグラフ化 改善・改善した結果を示すようにしております。


図3 生産状況一覧表

4. 不良対策
また 不良が生じた際は できる分析は小社で行いますが 必要に応じては外部に依頼し 赤外線分析 流動解析 冷却配管による品質の影響 等を科学的に分析し 真の原因の追究を行ないました。


図4 解析事例


▲このページのトップへ